2018年春の日々  No4

2018.04.01


技術だとかセンスだとか被写体がどうだとか・・・・贅沢だね

撮影が出来る・・・・それだけで幸せだと思う

一番は仕事が出来て自分の生活の基盤を自分で守れること

二番は写真撮影が出来ること

それ以外何も要らない

その二つが出来れば私は生きていける


2018春4


私の思い出の春・・・・過去写真より・・・・・新宿御苑

コメント(-)

2018年春の日々  No3

2018.03.31


二週間後

4月14日入院

4月17日手術

入院前日まで皆さんのお写真拝見させて頂けたら・・・・

それだけでラッキーと思うことにしますね


2018春3


私の思い出の春・・・・過去写真より・・・新宿御苑

コメント(-)

2018年春の日々  No2

2018.03.30


定刻に起きる必要もない 定刻に寝る必要もない

予定もない  ベッドから起きる気がおきない

静養と言う名の休日 

それがどれだけ辛いかが二日間で嫌になる程分かった

夕方やっとパソコンに向かう気力が出る

そしてこうして何時かの春をアップしている

撮影したい・・・・2018年春の桜を撮りたい

もう出来ない もう外出する体力さえない

でもこう思うことにしよう・・・・・私は手は動かせる 椅子に座ることは出来る

自分で写すことは出来ないけれど2018年春を撮影している人はいる

そのお写真を見るだけの体力はまだ残されている コメントするだけの気力も残っている

パソコンを開こう 待っていてくれる人はいるはず・・・・・


2018春2


私の思い出の春・・・・過去写真より・・・新宿御苑

コメント(-)

2018年春の日々  No1

2018.03.29


今日から長期休暇に入った

美容室に行き髪をカットした

切られた髪は床の上に束になっていた

小平奈緒さんのような髪型にして下さい・・・・・・

2018年平昌オリンピック金メダリストであり

フェアプレーと友好を世界に伝えた選手代表として閉会式 でトーマス・バッハ会長に紹介されている人

小平奈緒さんは言っています

勇気とは覚悟すること・・・・

私にはそこまでの勇気も覚悟もないけれど・・・・

せめて同じ髪型にすることによってこれ以上泣かないようになりたい・・・・・



2018春1


私の思い出の春・・・・過去写真より・・・新宿御苑

コメント(-)

残雪の庭  一期一会に感謝  最終章

2018.03.17



花田苑35


花田苑36


感極まり笑顔から涙顔へ・・・・花嫁さん

素晴らしいシーン撮影させて頂きました

お二人との一期一会に感謝で一杯です


残雪の庭・今日で最終章です

毎日ご覧下さった方々有難う御座います


コメント(-)

残雪の庭  君の瞳に映る僕

2018.03.16



花田苑33


花田苑34


世界で一番綺麗なお姫様

君の瞳に映る僕

見惚れる顔が照れくさい


コメント(-)

残雪の庭  花言葉は永遠の愛

2018.03.15



花田苑37


花田苑38


太鼓橋の上

赤と青の花が咲いている

花言葉は永遠の愛


コメント(-)

残雪の庭  係留された和船

2018.03.14



花田苑5


花田苑6


花田苑の一角にある舟舎の下係留された和船

以前撮影した横浜 三溪園程の規模はない池

知名度も三溪園の池に係留された和船には及びもつかないが私にとっては魅了される光景だった

コメント(-)

残雪の庭  バトンタッチ

2018.03.13



花田苑31


花田苑32


冬の表徴である白

春を思わせる赤

冬将軍から春の精へのバトンタッチ

コメント(-)

残雪の庭  石燈籠

2018.03.11



花田苑29


花田苑30


花田苑には三種類の石燈籠が配置されている

庭園の中日本情緒を演出している

水面に自分の姿を映しているかのようだ


コメント(-)

残雪の庭  石橋

2018.03.10



花田苑27


花田苑28


庭園の周囲を覆う樹木などでビルや住宅が全く見えない 

東京からも程近い為に多くのドラマのロケ地と使用されている

使用されるスポットの代表各は石橋・・・・・・

コメント(-)

残雪の庭  太鼓橋

2018.03.09



花田苑25


花田苑26


豊かな緑と清らかな水面に映える木製の太鼓橋

小石川後楽園の石の太鼓橋を想い懐かしい

何時かまた撮影出来ることをこの地で願った

コメント(-)

残雪の庭  春化粧

2018.03.08



花田苑23


花田苑24

庭園には冬の白が残っている

それでも木々は確実に春が近いことを語っていた

水面に自分の姿を映し春化粧をし初めていた


コメント(-)

残雪の庭  竹林

2018.03.07



花田苑21


花田苑22


1988年から1990年にかけて整備され14,000本の樹木が植樹されている

花田苑の西側・道なりにある竹林のしなやかさが際立っている

和風庭園ならではの風情あるベンチも心の憩いを提供してくれる


コメント(-)

残雪の庭  働く人

2018.03.06



花田苑19


花田苑20


私はポートレートが好きです

一際働く人を撮ることに喜びを感じます

貴方を見かけた時の私の胸の動悸・・・表現出来たでしょうか・・・

コメント(-)

残雪の庭  能楽堂

2018.03.05



花田苑17


花田苑18


花田苑の北側に隣接・こしがや能楽堂

一枚目・庭園から望む能楽堂

二枚目・能楽堂内より屋外能舞台ガラス越し撮影

コメント(-)

残雪の庭   青い宝石ではないけどね

2018.03.04



花田苑15


花田苑16


青い宝石と呼ばれる美しい翡翠

この池にも生息するらしい

探せど探せど見当たらない

でもね・・・君達に出会えて私はラッキー

コメント(-)

残雪の庭  庭園の周囲

2018.03.03



20180201-P1000393-2.jpg


20180201-P1000395-2.jpg


広大であるわけではないが・・・・・・

庭園の周囲を覆う樹木などでビルや住宅が全く見えない

花田苑の大きな特徴であり魅力だと感じる

コメント(-)

残雪の庭  黒松90本

2018.03.02



花田苑11


花田苑12


元々畑だった場所につくられた日本庭園

苑内に植えられたおよそ14000本の木々の中  

黒松90本の存在感は顕著だった



コメント(-)

残雪の庭  冬から春へ

2018.03.01



花田苑9


花田苑10


園内には約14,000本が植樹されている

中心に位置する池は約4,000平方m

撮影時 園内は冬から春へと身支度を整え始めていた

コメント(-)

残雪の庭  感謝

2018.02.28



花田苑7


花田苑8


小平奈緒選手・・・勇気とは覚悟を決めること

吉田知那美選手・・・限界は人が決めることではない

羽生結弦選手・・・これからの人生オリンピックの金メダリストとしてまっとうしたいと思います

☆ メダル以上に輝いていた言葉に感謝 ☆

雪の景観が顕著な写真アップ・・・・


コメント(-)

残雪の庭  設計は中島健氏

2018.02.27



花田苑3


花田苑4


モントリオール万国博覧会日本館庭園設計

日本の代表的な造園設計家である中島健によって設計

面積は21,290平方メートル 埼玉県内初の本格的な日本庭園

コメント(-)

残雪の庭  静寂の中

2018.02.26



花田苑1


花田苑2


ブロ友さんの一人が住む県に存在する花田苑

撮影アップされていた純和風廻遊式池泉庭園 何時か撮影したいと思っていました

写真には及びもつかないことですが私なりの表現を目指して撮影しました

残雪の中凍える指で切ったシャッター音は静寂の中綺麗に響きましたよ


コメント(-)

初めての町 最終章  君の思い出は私の思い出  

2018.02.16



熱海20


熱海21


2018年02月04日アップ 初めての町 無垢な世界で登場した男の子

初めての町 最後を飾るのは君のその瞳その口元の輝き・・・・・その手その足の表す喜び

君が熱海で見つけた宝物

ユリカモメだけじゃないよね

お座りが可愛い鳩・・・・もだよね

☆☆☆ 君の思い出は私の思い出にもなったんだよ ☆☆☆

初めての町 今日でエンドです

毎日ご覧下さった方々 有難う御座います


コメント(-)

初めの町  一瞬を撮りたい

2018.02.15



熱海31


熱海5


糸川遊歩道のあたみ桜の開花状態は様々だった

堅い蕾が多くを占める桜の樹もあった

それでも一輪でもあっても綺麗な花びらに感激している人 撮影に集中している人

人は常に動いている

身体は動くことはなくとも目は動いている 話すことなくとも口元が動いている

☆ 心も動いている ☆

だからその一瞬を撮りたいと思う

私はポートレートが好きなのだ・・・・

それを確信出来た初めての町 ☆☆☆

コメント(-)

初めての町  ブロ友チョコは贈れないけどね

2018.02.14



熱海33


熱海32


St. Valentine's Day

💛 ブロ友チョコは贈れないけどね 💛

💛 初めての桜と小鳥コラボ写真届けます  💛


なべ様
夜の帳が降りた後の仙台の町並みの煌めきが綺麗です

はるま様
吾妻山公園の桜と富士山とのコラボレーション春のシンボルです

capucino様
何気ない町写真の楽しさを教えて下さったのは教養深い貴方です 

talkma様
新幹線と季節の移り変わりを楽しませて頂いています

コロ様
横浜の光景また最近ではイタリアの町並みが楽しみです

はんべ 様
お言葉の数々に私は大きな影響を受けています お身体心配しています

WILD BOOKERS様
貴方のブログの在り方は私の心を幸福感で充たしてくれます

桜の親父様
努力は実を結ぶのだと改めて思うことが出来ます

onorinbeck様
貴方の影響で鳥嫌いだった私が小鳥と桜コラボ出来ました

風太郎様
前世では五能線に乗車し驫木駅舎の石油ストーブで暖をとっていたと確信しています

はせがわ様
歩いて歩いて歩き続けての被写体への想いは私の心に強く響いてきます・・・・ 感動の日々です

annkichi様
写真は心で写すもの・・・そのお言葉忘れません

makira様
私の花写真全てが貴方から始まっています 初めてのコメントは・・・
亡き人を 宝石箱の 片隅に 花に面影 実にも涙す

kite様
山岳への興味を初めて抱くことが出来ました・・・秩父三大氷柱撮影の想いの深さには感嘆しました

クメゼミ塾長様
人に伝え、共に高め、成長の道しるべに・・・・その高い志に自分も高めたいと思えます

こみ様
私ときたら自他ともに認める好青年である・・・・マイブームです

snowsmile05様
洗練されたセンスに暫し見とれることが多々あります

N様
パソコンで描いた絵は素晴らしいです アップお待ちしています

Wドラゴンのパパ様
自分の中での3.11の出来事をもっと沢山思いたくて行ってきました・・・その思い受け止めさせて頂いています

hotter様
いろいろと珍しい物を紹介下さりありがとう

名前の順番は2017/12/17 コメント欄開放時 お言葉寄せて下さった順に書かせて頂きました

zuboratarou様
2017年は貴方と私のコメント欄開放時の折り合いがつきませんでしたね
2018年は出来うる限りコメントさせて頂きますね
写欲には頭が下がる思いです

やる気こうちゃん様
2018年こそはブログ再開して欲しいです 期待してお待ちしていますね


💛 りらより 💛


追伸
 
小鳥の名前は調べてみましたが理解に及びませんでした

コメント(-)

初めての町  震える程幸せ

2018.02.13



熱海35


熱海34


千葉県小湊鉄道駅舎傍らに咲く桜

東京都新宿御苑日本庭園に咲く桜

神奈川県吾妻山公園頂上に咲く桜

埼玉県幸手市権現堂堤に咲く桜

静岡県賀茂郡河津川沿に咲く桜

それぞれ異なる美しさ個性がある

2018年は寒波でまだ開花には早い

熱海市あたみ桜もさくら祭りの開催時見頃にはなってはいない

開花した少しの桜を求めて探して歩いたあの日

撮影最後には眩暈がして倒れそうになり 見知らぬ人の肩に手を触れてしまった

相手の顔も見ることさえ出来ず 謝った日

それでも初めての町であたみ桜に逢うことが出来た

撮影出来た・・・・・その喜びで身体も心も震える程幸せだった

コメント(-)

初めの町  渡りの季節ですね

2018.02.12



熱海24


熱海25


貴女方の心の宝石箱

熱海の海の輝きで一杯でしょうね

ユリカモメはまるで熱海の海のマスコットのようですね

*******************************************

熱海市の海岸で冬を越したユリカモメが大陸への渡りの季節を迎えた

2018年02月09日・・・・伊豆新聞より抜粋


コメント(-)

初めての町  私だけの薄紅色

2018.02.11



熱海8


熱海9


貴方だけの薄紅色は撮れましたか・・・・

私は貴方の指の動きに夢中でした

あたみ桜への想いは同じですよね

私だけの薄紅色は撮れた気がします☆☆☆


コメント(-)

初めての町  鳥嫌いだった私

2018.02.10



熱海29


熱海30


想像とは異なり糸川はそう長くもなく川幅も狭いように感じる

それと反比例するかのように 橋は数多い

糸川は走行する車輌が絶えず 騒がしい

それを気にせず 鳩はすましている

鳥嫌いだった私・・・・何時の間にか君達を可愛いと思うようになっている

何故だろうね・・・・・・・・


追伸

初めての町 小さな姉妹達

事情があり写真を差し替えさせて頂きました

申し訳ありません


コメント(-)

初めての町  それぞれの桜まつり

2018.02.09




熱海22


熱海23


第8回あたみ桜糸川桜まつり期間中

土日祝日には桜茶を振舞うサービスあり

ビニール袋に入った桜茶の撮影に無心な貴女


桜餅を食べるのに夢中な君

その君の顔を撮ることに熱心なママさん


それぞれの桜まつり・・・・・・・・

☆ いただきです ☆


追伸

初めての町 私は旅人・・・・・・

事情があり写真を差し替えました

毎日感想を記録して下っている方々

ご迷惑をおかけしました ごめんなさいね

コメント(-)

初めての町  一期一会

2018.02.08



熱海19


熱海18


MOA美術館・・・桜・・・・紅葉・・・・

熱海の名所が描かれた路線バス

運転手さんのハンドルを握る手が撮れた・・・嬉しい

その上・・・バイクのイケテルお兄さん撮影・・・さらにラッキー

一期一会・・・・ありがとう


コメント(-)

初めての町  神様

2018.02.07



熱海16


熱海17


初めて見る熱海の海は東京湾とも異なる

湘南の海との違いも大きい

最初で最後の熱海の海かもしれない

もう二度とこの地に戻ってくることは出来ないように思う

神様・・・・・・貴方は私の心の声が聞こえますか・・・・・

悲鳴が聞こえますか・・・・・

もう一度 この地に戻ることを叶えて欲しいです


コメント(-)

初めての町  イタリアから来日した桜

2018.02.06



熱海15


熱海14


開花時期 1月から2月上旬 あたみ桜は 明治4年頃イタリア人によって レモン・ナツメヤシとともに熱海にもたらされ

その後先人たちの努力により増殖が行われ 市内の多くの場所に植栽されました

下田の御用邸や伊勢神宮や東宮御所に献上され植栽される事により 広く知られるところとなりました

熱海市では 市制施行40周年の昭和52年4月10日に熱海市の「木」に指定しました

あたみ桜は 開花期が1月と沖縄の寒緋桜と並んで日本列島で最も早咲きで

早咲きの桜として注目を集める河津桜より約1カ月早く咲きます

また 一般的に桜の開花期間は1~2週間ですが

あたみ桜の開花期間は1カ月以上と長いのが特徴です 開花期間が長い理由としては

花のつき方がひとつの枝に早期に開花する花芽と後期に開花する花芽の二段構えに形成されているためです

********************************************

熱海市公式ウェブサイト 熱海市役所・・・より

*********************************************

イタリア人・・・・・・桜は日本と決めていた 自分の愚かさを知った日

2018年の開花は遅すぎたね

それでも糸川遊歩道を探して歩いた 開花が多かった枝を見つけた時の私の喜び

あたみ桜姫は知っているのかな・・・・・

コメント(-)

初めての町   眼差し

2018.02.05



熱海12


熱海13


その眼差し・・・・・

スマホに写る熱海桜に夢中ですね

寒さ対策も万全ですよね

地元の方でしょうか・・・・

私は熱海は温暖だと思い込み 春先のコートでした

カメラであろうとスマホであろうと桜への想いは同じですよね

その眼差しが語っています☆☆☆

コメント(-)

初めての町  無垢な世界

2018.02.04



熱海10


熱海11


左手にはミニカー 君の大事な宝物でしょうね

右手の人差し指の先・・・目線の先には・・・・口元が語るのは・・・・

無垢な世界 大人になると何故失ってしまうのだろうね

君が探した・・・・ その顔が語るもの・・・・

私が撮影しましたよ・・・・・

左翼が写り込んでいないね・・・・ごめん・・・・これが精一杯だったんだよ☆☆☆

コメント(-)

初めての町  私は旅人

2018.02.03



熱海26


熱海27


静岡県には幼い頃 伊豆に行ったことがある

伊豆の地の記憶は定かではない

熱海は初めて訪問した地

ブロ友さんがアップされていたあたみ桜に憧れての撮影が目的の旅だった

旅・・・・・熱海は私にとっては旅と言ってよい程遠方に感じる

熱海行きの在来線は神奈川県の二ノ宮駅で停車した

ホームからは吾妻山が見える

吾妻山公園に咲く桜は菜の花との色彩の調和が見事だ 晴天ならば富士山も望むことが出来る

ただ 私は写真でのみ それを知っている

目前のあたみ桜並木には菜の花も咲かず 富士山も見えない

でもね・・・・・

この熱海に旅人として来ることが出来たこと・・・・

私は嬉しくて嬉しくて堪らなかったんだ☆☆☆

コメント(-)

初めての町  憧れのベンチ

2018.02.02



熱海6


熱海7


ヨットハーバーを眺め 海の彼方の見知らぬ地へと想いを馳せながら・・・・

恋する人の今を知ることが出来ない悲しみを背負いながら・・・・

未来の夢が叶える日が来ることを信じながら・・・・・・

誰かが座るベンチがある

今はベンチは孤独を楽しんでいる

海を俯瞰して未来に期待している

孤独ではないよ・・・・・

私が貴方を撮影しているでしょう

今まで多くのベンチを撮影してきたけれど・・・・

貴方程素敵なベンチに巡り会ったことはないのだからね☆☆☆


コメント(-)

初めての町  小さな姉妹達

2018.02.01




熱海28


ここにいるよ 桜姉妹が私の耳元でささやいている

密やかに咲いている 誰も見上げてはいない 

熱海桜まつりの賑わいの中 それは愛らしい姿だった

可憐な桜姉妹

写さずにいられようか・・・・・


コメント(-)

初めての町  ヨットとユリカモメ

2018.01.31



熱海3


熱海4


糸川遊歩道を桜を見あげ歩いて行く

彼方に見える光景は私に期待を抱かせてくれた

まだ見ぬ世界へと心が踊る

その地が熱海海浜公園だと知ったのはその後のことであった

ヨットハーバーを見たのは江の島撮影以来

ユリカモメを撮影したのは初めての経験

鳥が嫌いだったはず 白鳥撮影さえ奇跡だったはず

ただただ 可愛いと心から思える

夢中で追ったユリカモメ・飛翔する姿は撮れないけれど・・・・

可愛さは表現出来たはず・・・・それだけで嬉しい

コメント(-)

初めての町  一番咲きの花

2018.01.30



熱海桜1


熱海桜2


日本一早く咲く桜の町

熱海はあたみ桜で名高い

2018年は稀に見る寒波であたみ桜の開花は遅い

桜まつりが始まっても開花した花は少ない

あたみ桜は花が小さい 蕾はもっと小さい

初めて見たあたみ桜は曇空に寂しげだった

でもね・・・・・

あたみ桜の枝の下 貴女の笑顔は満開でした

生まれた初めて行った町

熱海で出逢った一番咲きの花は貴女です


コメント(-)

懐かしい写真の日々 No16

2018.01.27



白鳥16


私のブロさんは写真ブログの方だけではありません お二人写真ブログではない長いお友達がいます


日常の一コマをイラストを描き記事を添えている方  コミカルな文面・・・・・・辛くて堪らない時・・・・

こみさん 貴方のブログにお伺いすると・・・・心が軽くなるのです

ある日の私へのリコメは生涯忘れられないくらい傑作でしたね

りらさんへ・・・・天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず・・・と言っておきながら何故私を妻の尻の下敷きにしたのでしょうか

こみさん 私がまだコンデジ撮影の時からユーモアを交えながら真摯な目線でコメントして下さいましたね

私は貴方からのコメントが入らないと 新しいシリーズに進む気分になれません


パソコンソフトで絵画を描いている方

Nさん 貴方は私の最初のブロ友さんです

私が自分のブログを写真もなく無料イラストで飾り付けていた頃よりの長いお友達です

最初の貴方への私のコメントは・・・ハロウインパーティにご招待します お待ちしていますね

無邪気過ぎるブログを馬鹿にもせず お言葉残してくれましたね

あの頃 一ヶ月に二回のアップを目標とされていましたが 昨年は一度だけのアップでした

それでも 私のコメント欄開放時は必ずお言葉寄せて下さいますよね


写真ブログではあっても家族写真が殆どのWドラゴンのパパさん

お兄ちゃんが中学入学時「小さな中学生」のお写真に感激して遠方までお祝い写真を撮影に行きました

もう 高校生ですよね 自分よりも障がいの重い弟さんを見守っている姿を最近はよく見かけます

二人の成長は 私の大きな喜びとなっています


昨日お話したように一枚の写真が語るべきことは大きなものがありますが・・・・

写真だけが表現ではないことも 芸術でもないことも ブログを通じて知りました

そして 写真の魅力は風光明媚な光景を写したものだけではないこともです


ブログを通じて知り得た多大な知識と言葉に尽きせぬ感動・・・・・

私の感受性を豊にしてくれた方々 知識の泉を絶やすことなく増やしてくれた方々

感謝の二文字・・・・・ありがとうの五文字・・・・初恋写真の四文字・・・・写真に恋しています・・・初恋のごとく純粋に・・・・

懐かしい写真の日々では 今までの私のブログの歴史をお話してきました

毎日 読んで下さった方々 有難う 今日でエンドです



コメント(-)

懐かしい写真の日々No15

2018.01.26



白鳥15


ローマ法王フランシスコは1月15日

原爆投下後の長崎で撮影された写真「焼き場に立つ少年」について・・・・

「これを見て心が動かされた 私が唯一付け加えられるのは『これが戦争の結果だ』という言葉だけだ」と核廃絶への思いを語った

南米訪問に向かう専用機内で記者団に語った

法王は この写真を印刷したカードを教会関係者に配布するよう命じている

写真は 長崎で1945年9月 米国の従軍カメラマン ジョー・オダネル氏「故人」が撮影した

弟の遺体を背負い 火葬の順番を直立不動で待つ少年が写されている

法王は「これを印刷して配布したいと思った こうした写真は1000の言葉よりも人の心を動かし得るからだ」と語った


読売新聞より・・・

写真は裸足の半ズボン姿の少年が首を垂れた赤ちゃんをおんぶ紐で自分の背中にしっかりと固定し・・・

直立不動の体勢で利発な目で前をしっかりと見ている写真でした

多分父母が亡くなり弟の死体だけでも火葬にしてあげたいとの兄弟愛からでしょう

まだ自分が甘えたい年頃に見えます 「焼き場に立つ少年」

写真は言葉を持たずしても 人の心にその声は届くのです

この写真を世界中の人達に見てもらいたいと思います

ローマ法王の仰るところの「こうした写真は1000の言葉よりも人の心を動かし得るからだ」

写真が好きな方なら 何方でも共感されるのではないでしょうか

日々 皆さんのお写真に心動かされています

ブログを始めて良かった 写真に興味を抱くことが出来て良かった・・・日々思っています


コメント(-)

懐かしい写真の日々 No14

2018.01.25



白鳥14


今日は身体も心も辛くてブログアップもせず ブログの運営さえしたくない程でした

でもやはりブログを今日も継続することにしました

それは何故・・・・・

このまま一人でいたら ベッドに入り込み布団を被って泣いているだけです

パソコンを開くことから初めようと思いなおしました

私にご自分の撮影した写真を見てもらいたいと思っている方がいるかも知れません

撮影された写真への私の感想を待っていてくれる方が数人はいるように思います

訪問者履歴からブロ友さんのお写真を拝見して感想を書きこんでいく内に・・・・

私は元気を出せることが出来るのです

貴方方のお写真や記事により 私は生きる勇気をもらうことが出来るのです

私のコメントを待って下さっている方が一人でもいてくれたら それだけで嬉しいです

ただ それだけがどれだけ大事なのかを私自身が一番よく分かっていますから・・・・

これから ブロ友さんのところに訪問させて頂きますね

勇気頂きにいきますね

コメント(-)

懐かしい写真の日々 No13

2018.01.24



白鳥13


22日・月曜日・関東地方積雪

私はこの日は公休日でした 午前中は整形外科に午後からは眼科に行き夕方帰宅しました

帰宅後に降り始めた雪 私は自宅にいることが出来ましたが・・・・

東京・神奈川・千葉・埼玉に住む方及び通勤されているブロ友さん達が心配でした

交通機関の乱れが激しく 無事ご自宅に帰ることが出来たのか・・・・心配したのです

ブロ友さんの何方ともお会いしたことはありません

それなのに何故 自分のことのように案じることが出来るのでしょうね

私が案じるように ブロ友さんの中には私を心配して下さった方もいられると思います

写真を通じて得た貴重な体験は まだ見ぬ方へと心を寄せることも出来るのだと思うと・・・・・感慨深いものがあります

ブログを通じての交流はこれからも大事にしていきたいと思っています

コメント(-)

懐かしい写真の日々 No12

2018.01.23



白鳥12


私は写真が好きになる以前 室内で楽しむことが出来る趣味のみでした

自宅や図書館での読書・自宅や音楽ホールで聴く音楽・そして映画館で鑑賞する映画です

テレビ放映で映画を観賞することはありません レンタルも昔の映画以外は滅多にしません

三度目の殺人・氷菓・ミックス・火花・リベンジgirl ・STAR WARS・8年越しの花嫁・DESTINY鎌倉ものがたり・嘘を愛する女

11月と12月と1月の三ヶ月間で9本の映画を観賞しました

映画鑑賞中 写真撮影することがなかった時代と現在では 映画の見方が異なっていることが自覚出来ます

映像にとても興味がいくようになっているのです

時としてそれは 物語を楽しむことを邪魔しているかのように思えることがあります

背景暈けが綺麗だとか・玉暈けが出来ているとか・物語性よりも映像美に目も心も惹かれてしまうことが多々あります

エンドロールも以前にも増して詳細に見るようになりました

私は映画鑑賞時は必ずパンフレットを購入します

私の至福のひと時は 映画鑑賞後にベジタブルな食事をしてそのあとに落ち着ける喫茶でパンフレットを読むことです

主演や脇役の方々の欄は当然ながら・・・・・

撮影者・美術監督・照明・・編集等・監督やプロデュサー以外の方々の名の欄も丁寧に読むようになっています


三度目の殺人・・・・美術監督・・・種田陽平氏

光と影から生まれる劇空間・・・・とパンフレットには記載されています

そのフレーズが全てを語っている印象に残る映像でした

私が原作を裏切らない名作だと信じる悪人と思い出のマーニーの美術監督でもあります

撮影・・・・瀧本達也氏

そして父になる・海街diaryの撮影者でもあります

映画長編3本目・・・三度目の殺人

1974年生まれです・・・この先どれだけの撮影をされるのか期待されます


DESTINY鎌倉ものがたり

最大の課題は黄泉の国のライティングです・・・語る撮影者・柴崎幸三氏

忘れられない作品であるALWAYS 三丁目の夕日・永遠の0をも撮影されています

柴崎幸三氏の表現された黄泉の国は私の理想の黄泉の国であり感激は一際でした


映画は映像がどれだけ大事かを写真撮影するようになってからよく理解出来るようになったのです

写真が私に与えてくれたこと・・・それは金銭では買うことが出来ない尊い宝物となったのです

映画が益々好きになり 感心を抱いて鑑賞出来ること・・・・写真は撮影のみならず素晴らしい趣味になっています


コメント(-)

懐かしい写真の日々 No11

2018.01.22



白鳥11


今日は眼科健診です

瞳孔を開きますので夜間はお伺い出来ません

ご訪問頂いた方 有難う御座います

また 明日お会いしましょう

りら

コメント(-)

懐かしい写真の日々 No10

2018.01.21



白鳥10


懐かしい写真の思い出に欠かすことが出来ないのは・・・コメントにてアドバイスを頂いたことです

「何故写真ごとにアスペクト比が変わっているのですか」・・・・ブロ友さんからのコメント

当時の私はトリミングをするとそのままアップしていたのです

アスペクト比自体の意味が理解出来ず検索してやっと分かりました

「アスペクト比が変化しているのはトリミングしたままアップしているからです」・・・・私のリコメ

「山手・えのき亭は何故トリミングしたのですか? トリミングしたらアスペクト比を固定すべきであり」

「最初からトリミングをあてにしないで撮影時に構図を決めるべきです」・・・・同じ方の再度のコメント

「えのき亭の駐車場の車が写り込んでしまいました 車のナンバーが見えていたのでトリミングしました」・・・私のリコメ

「縦写真にすれば駐車場を写し込むことなく りらさんの撮影意図と思われるえのき亭の看板を表現することが出来ます」

同じ方からの再三に渡り頂いたコメント

全てが納得でした それからは撮影する時は決してトリミングはあてにしない 最初から構図は決める・・・徹底しました


ある方から度々頂いた 撮影時の絞り等のアドバイス・・・・・

私の撮影時のカメラ設定が 何故分かるのだろう 疑問でたまりませんでした

「Exif 情報が一覧出来ます りらさんが何曜日に横浜に撮影に行っているかまで分かります 女性には危険です」他の方からのコメント

私は当時 Exif 情報の言葉さえ知らず検索して恐い程でした 

撮影したカメラのメーカー・機種・撮影日時・画像方向・ISO感度・光源、フラッシュ・位置情報等全てが分かってしまうのですね

私の当時の公休日は平日だけであり 人ごみの少ない平日の晴天の日に横浜 それも主にみなとみらい21地区撮影でした

その時運営していたブログは即削除しました 

一枚一枚Exif 情報を削除して再度アップするだけの根気はありませんでした


私がアスペクト比さえ理解出来なった・Exif 情報をも知りえなかった

驚かれたことでしょうね・・・・・・

そんな馬鹿なよく言えば無邪気な時代からのお友達には「ありがとう」の言葉如何ほど言っても足りません


「りらさんは ご自分のブログを写真ブログではありません・・・と書いていますが・・それは逃げです」

「りらさんは写真展を目指す気持ちを持って撮影して下さい」・・・・その後ブロ友さんになって下さった方からのコメント

私が尊敬する方からの光栄過ぎるお言葉でした

今だに写真展を目指す気持ちにはなれませんが 自分の写真に厳しくなることは出来ました


記載出来ない程の多くの貴重なアドバイス

それは私の写真だけではなく私自身をも成長させて下さったことは確実です

私はブロ友さんに恵まれました そして今の私自身と私の写真があるのです

感謝で一杯です


コメント(-)

懐かしい写真の日々 No9

2018.01.20



白鳥9


中禅寺湖撮影時 是非とも撮影したかったアントニン・レーモンド設計・旧イタリア大使館別荘

そこに至る坂道を上ることが出来ず諦めざるをえませんでした

それを私のブログの記事で知り 日光旅行をされた時 旧イタリア大使館別荘に寄られ撮影アップして下った方


私がレーモンド氏の師であるフランク・ロイド・ライトを敬愛していることを知り

愛知県犬山市の明治村に名古屋から撮影に行って下った方 

その方の撮影は明治村の入り口から旧帝国ホテルへとダッシュする場面からの撮影でした 


私の誕生日は1月です 私の一番好きな花が桜であることを知っている方が・・・・

日本で一番早く咲く熱海桜撮影に行って下さいました その年の熱海桜の開花は遅く誕生日当日が開花日でした

当日 糸川遊歩道を歩いて歩いてやっと探せた三輪の開花した花

その方の当日のブログアップは 「日本一早く咲いた桜です 桜の好きな貴女へ誕生日おめでとう」でした


撮り鉄のブロ友さんのカテゴリーには私が親しんでいる京急がありませんでした

何時か京急を撮影アップして下さるようにコメントでリクエストしてみました

東京地方撮影時 路面を走る京急を撮影アップしてくれました 品川に6年間京急で通学した私にさえ分からない撮影地でした


私は御岳山のレンゲショウマが憧れですがそこに至るだけの体力がありません

それを知り レンゲショウマの群生地としては日本一の御岳山へ電車を乗り継ぎケーブルカーに乗り撮影アップして下さった方

薄紫色の気品高い花はこの目で生涯見ること出来ないかもしれませんが 私の心の中では鮮明に咲いています


ある年の秋 ある方の階段写真には枯葉が舞っていました

「この階段に冬になって雪が積もったらどれほど素敵でしょうね」・・・と コメントしました

その約二か月後 関東地方観測史上初の積雪

私の誕生日 その方のブログアップは階段に積もった雪でした 

関東地方観測史上初の積雪の日 撮影されたことは確実であることがお写真から伺えました


私の名前である「りら」・・・・フランス語ではリラの花 英語ではライラックの花です

散歩の途中または旅行先でライラックを見かけると撮影して下さる方


私が初めての乗り鉄で秩父鉄道・三峰口駅撮影アップした際

ご自分の中学時代撮影された秩父鉄道・三峰口駅をご自分のブログでアップして下さった方

私の三峰口駅の写真をご覧になりご自分が撮影した三峰口駅アップされたことが記されていました


この場では書きたりない程のブログから得た真心は生涯忘れることはありません

溢れる程の感謝で一杯です


コメント(-)

懐かしい写真の日々 No8

2018.01.19



白鳥8


私がブログを通じて知り得たことは大事な宝物です


写真に興味を抱く前 私の花の知識は花屋さんで販売している花が全てでしたが・・・・

春先に花を咲かせ夏まで葉をつけるとあとは地下で過ごす一連の草花の総称がスプリング・エフェメラルであることも知りました

スプリング・エフェメラルがセツブンソウやフクジュソウやカタクリであることもです

その地上近く咲く小さな花を撮影するためには 土を這うかのごとくの姿勢で撮影されていることも理解出来るようになりました


新幹線区間において線路のゆがみ具合や架線の状態信号電流の状況などを検測しながら走行し

新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両がドクターイエローであることも知りました

富士川に架かる富士川橋梁トラス橋を走行する新幹線と富士山のコラボレーションの美

そのトラス橋を走行していたスタイリッシュな500系が現在は関東地方では見ることが出来ないことも残念に感じるようになりました


神奈川県二宮町吾妻山公園へ行くには300段の階段を上らなければならないことも知り得ました

私はその階段を上がることは出来ないけれど この時期山頂には菜の花が満開であることも水仙も咲いていることも・・・・

やがて桜が咲くことも晴れた日には富士山が見えることも芝生広場のシンボル・ツリーのエノキが印象的であることも・・・


冬将軍が支配する日本海沿いを走る五能線 その五能線の海岸の荒波を被るが如く走る逞しさも・・・・・

車を降り山へ登り五能線への想いをこめて撮影されている方のローカル線への30年に渡る思いを感じることも・・・・

積丹半島での嵐の中の撮影に感無量の想いで見たお写真はレンズに付いた海の塩まで鮮明であったことも・・・・


千葉のご自宅から宿泊してまで旧足尾銅山の現状を撮影されている方・・・・・・

日本初の公害 それを世に問うかのような貴方の姿勢 しっかり受け止めさせて頂いています


富山の環水公園は世界一綺麗なスタバがあることも・・・

ガラス美術館のガラス製品の出来栄えがどれほど美しいかも・・・・

私は環水公園の運河をクルーズをするのが夢になりました


山岳写真を撮影している方のお写真にては雲海を自分の眼下に見る思いさえしました

山ならではのコマクサの可愛さも知ることが出来たのです


ヨーロッパの荘厳な教会を撮影されたり豪華な宮殿を撮影されている方のお写真を拝見して・・・・

生涯訪れることはなくともその建築美を堪能することは充分に可能なのだとも思いもしました


皆さんのお写真は私をまだ見ぬ世界へと誘って下さっています

私がもしも撮影出来なくなったとしても 皆さんのお写真を拝見することは可能だと期待しています

今までのように 皆さんのお写真から多くのことを学び感動し そして夢を持ち未来への希望を抱くことが出来るでしょう

それを心から願っています


コメント(-)
前ページ ホームへ 次ページ>>
プロフィール

りら

Author:りら

写真は初恋と同じだね
撮る度ごとに心煌めく

月別カテゴリ
2018/06 (8)
2018/05 (19)
2018/04 (24)
2018/03 (19)
2018/02 (19)
2018/01 (19)
2017/12 (16)
2017/11 (23)
2017/10 (27)
2017/09 (19)
2017/08 (29)
2017/07 (28)
2017/06 (28)
2017/05 (6)
2017/03 (18)
2017/02 (22)
2017/01 (20)
2016/12 (29)
2016/11 (27)
2016/10 (19)
2016/09 (29)
2016/08 (28)
2016/07 (28)
2016/06 (26)
2016/05 (29)
2016/04 (30)
2016/03 (30)
2016/02 (7)
2015/08 (26)
2015/07 (24)
2015/06 (30)
2015/05 (25)
2015/04 (25)
2015/03 (27)
2015/02 (12)
管理者ページ