雅 第十三章

2017.03.14




雛20


しづやしづ  しづのをだまき  くり返し  昔を今に  なすよしもがな

吉野山  峰の白雪  ふみわけて  入りにし人の  跡ぞ恋しき


吾妻鏡   静御前



☆ 吉野山での義経との別離  頼朝方に捕らわれ 鶴岡八幡宮に於いて頼朝の求めに応じて舞った静御前 ☆

☆ 死罪を覚悟 義経を慕う心を歌い舞った静御前 ☆

☆ 誠に高潔  細川ガラシャと同じく 私が歴史上の人物の中 尊敬する一人です ☆


コメント(-)
ホームへ
プロフィール

りら

Author:りら

写真は初恋と同じだね
撮る度ごとに心煌めく

月別カテゴリ
2017/07 (19)
2017/06 (28)
2017/05 (6)
2017/03 (18)
2017/02 (22)
2017/01 (20)
2016/12 (29)
2016/11 (27)
2016/10 (19)
2016/09 (29)
2016/08 (28)
2016/07 (28)
2016/06 (26)
2016/05 (29)
2016/04 (30)
2016/03 (30)
2016/02 (7)
2015/08 (26)
2015/07 (24)
2015/06 (30)
2015/05 (25)
2015/04 (25)
2015/03 (27)
2015/02 (12)
管理者ページ