雅 第五章

2017.03.06



雛8


雛9


思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

古今和歌集  小野小町


☆  絶世の美女としてその名を後世に残す歌人が恋い焦がれたお方は どれほどの美丈夫だったのでしょうね ☆

コメント(-)
ホームへ
プロフィール

りら

Author:りら

写真は初恋と同じだね
撮る度ごとに心煌めく

月別カテゴリ
2017/09 (18)
2017/08 (29)
2017/07 (28)
2017/06 (28)
2017/05 (6)
2017/03 (18)
2017/02 (22)
2017/01 (20)
2016/12 (29)
2016/11 (27)
2016/10 (19)
2016/09 (29)
2016/08 (28)
2016/07 (28)
2016/06 (26)
2016/05 (29)
2016/04 (30)
2016/03 (30)
2016/02 (7)
2015/08 (26)
2015/07 (24)
2015/06 (30)
2015/05 (25)
2015/04 (25)
2015/03 (27)
2015/02 (12)
管理者ページ