無邪気な心 No14

2015.07.31



雨27 


雨28 


真夏日

その言葉が似合う花でしょう

名前はやはり知らないの

二枚目

葉なのか 花なのかも分からない

小さな公園

鮮やかに存在を誇っていた

ギラギラした太陽みたい

それが気にいって撮影

暑い暑い日だったね

花も暑いだろうな

撮影しながら思っていた


コメント(-)

無邪気な心 No13

2015.07.30



雨25 


雨26 


昨日 記事にした大学の庭に咲いていた

地面近くに咲く小さな小さな花々

名前は知らない

可愛いね

撮影理由はそれだけでいいと思う

小さな花はフォーカスが中々なのね

結構粘ってみたけど・・・

でもね・・・

可愛いものは可愛い

それでいいよね


コメント(-)

無邪気な心 No12

2015.07.29



雨23 


雨24 


自宅からバスで数駅

大学がある

大学の図書館は 一般開放している

私は 時折 利用させて頂いている

大学は庭も自在に散策出来る

庭に咲いていた花

名前 多分 ノウゼンカズラ・・・だと思う・・・多分ね

雨あがりの散策の日 撮影したのね


コメント(-)

無邪気な心 No11

2015.07.28



雨21 


雨22 


写真撮り始めた頃

ムクゲと芙蓉

違いがよく理解出来なかった

あるブロ友さんが 花博士みたいでね

詳しく 花の説明しているの

それで分かったの

この花がムクゲだということは確かよ

でも理由を上手には書けない・・・というのは言い逃れね

めんどくさい・・・が本音

そういえば 以前の英会話教室の先生がよく言っていたね

「 ライラック すぐ めんどくさい いうね 」

懐かしいな

最近 先生からEメールがこない

花写真添付して連絡しようかな・・・

それにしても 先生 まるで日本語読めない

英語で書くのが また めんどくさい・・・のよね


コメント(-)

無邪気な心 No10

2015.07.27



雨19 


雨20 


今日のお話しはプライベートね

25日 ブログお休みしたでしょう

その日はね

帝劇でミュージカル・エリザベート鑑賞

何と何と・・・

城田優 出演

麗しきご尊顔を拝見

友達が大喜び

そのくせにね

パンフレットは購入しないの

私の購入した2200円なりのパンフ

その中にある彼の写真

写メして待ち受けにセット

夕食の最中も自分のスマホの彼を見てはニコニコ顔

「 綺麗よね 綺麗よね 」

これって何・・・彼氏みたいじゃない

パンフくらい買いなさいよ・・・と言いたいところだけど

中学時代からの友達

寛大な心で許そう・・・


コメント(-)

無邪気な心 No9

2015.07.26



名前17 


名前18


蕾って大好きなの

二枚目 お気に入り

開花した花の前に蕾があるでしょう

この光景を見た時

とっても嬉しかったんだ

花写真に興味がない人も多いよね

そんな人からしたら 何の変哲のないものかもしれないね

でも 私にとっては大事なことなのよ

満開の花の丁度前 それも真ん中に蕾を捉えることが出来た

ただ それだけのことが・・・

私には大切なことなんだよね


コメント(-)

無邪気な心 No8

2015.07.24



雨11 


雨12 


羽を休めた蝶

飛翔し始めているね

青紫色の蝶

私の視界から消えぬうちに

愛機に閉じ込めておこう

そんなに 微風にも揺れないで欲しいけど

私の愛機 ブレ防止機能ゼロなのよ

ホールドに必死で両腕が痛くなる程

凝視して目が痛くなる程

微風に舞う貴女を捉えているの


コメント(-)

無邪気な心 No7

2015.07.23



雨16 


雨15 


小学校の正門の前に花壇があってね

可愛い花が咲いていたの

多分 生徒たちが植えたのではないかと思う

小さな手で水遣りをしている姿が浮かぶようだね

植物係りの生徒さんかな・・・

私の好きなバンド いきものがかり

小学校一年時 水野良樹と山下穂尊の二人 生き物係だったの

それでバンド名 いきものがかり


しょくぶつがかり

いつか そんなバンドも出現するかも

そんなこと考えていたら

とっても楽しい気分になって撮影出来た

炎天下でのマクロ撮影

頭クラクラ状態での妄想かもね


コメント(-)

無邪気な心 No6

2015.07.21



雨14 


雨13 


蓮の花の命が4日間だということも

午後からはお昼寝タイムだということも

写真撮影が好きになって知ったこと

一枚目も二枚目も三日目の花

明日になれば 花びらは落ちてしまう

その前に雨に濡れたことは・・・

彼女たちにとって幸いだったのかな

災いだったのかな

撮影しながら考えてみた

私にとっては それはラッキーなことだったけどね

天候に有難う

蓮の花撮影予定日に 雨の恵めをもたらしてくれて・・・

晴天の日には見ることが出来ない形状の花

撮影させてもらいましたよ


コメント(-)

無邪気な心 No5

2015.07.20



雨9 


雨10 


以前ね

蓮の花の中にいる昆虫 撮影しようとしていてね

夢中になってしまい 泥で足が滑り

蓮池に片足落ちたことがあるの

幸い 近隣の数人の方々が救いあげてくれて助かった

それでもカメラは手放さかった

カッコいいでしょう

まぬけとも言えるね

もし あの時 傍に誰もいなかったら・・・

天国から皆さんの写真見ていると思う

とても泥沼の中 泳ぐ自信ないから・・・

その時 沼に落ちても手放さなかったカメラ コンデジの超安物

今も同じようなものだけどレンズ交換は出来る

販売価格 38000円なり

高価な愛機のお話している方いるでしょう

そんな方には 見て頂くのは申し訳ないくらいよ

有難う 感謝!!!


コメント(-)
ホームへ 次ページ>>
プロフィール

りら

Author:りら

写真は初恋と同じだね
撮る度ごとに心煌めく

月別カテゴリ
2017/05 (1)
2017/03 (18)
2017/02 (22)
2017/01 (20)
2016/12 (29)
2016/11 (27)
2016/10 (19)
2016/09 (29)
2016/08 (28)
2016/07 (28)
2016/06 (26)
2016/05 (29)
2016/04 (30)
2016/03 (30)
2016/02 (7)
2015/08 (26)
2015/07 (24)
2015/06 (30)
2015/05 (25)
2015/04 (25)
2015/03 (27)
2015/02 (12)
管理者ページ