手毬  第四章

2018.07.18


私の小さな世界は空想と思い出で埋まっている
思い出は悲しみや苦しみを消去している
それが脳裏に蘇る時私はこの世界から消えてしまいたくなるからだろう
父母の名は知らない
祖父母の名も知りはしない
兄弟姉妹がいるのかも知りえない
私が四歳の頃だろうか・・・・
児童養護施設で育った私を里子にしてくれた人達
それが私の知り得る自分の生い立ちの全てなのだ
里親は子供を授かることなく年齢が50代になってから里子を求めていた
多くの子供の中から何故私を望んだのかは今だに分からない
私の高校入学を見届けるかのように養父母は相次いで亡くなった
二人は私に優しかった
元気よく外で遊ぶことが出来ない私の為に本を多く与えてくれた
本の中で空想の世界で遊ぶことが私の最大の楽しみだった
小学時代中学時代・・・・
私は学校で休み時間友達と遊んだ記憶がない
病気がちで学校を長期で休むことが多かっただけではない
私は話すこと自体が苦手だったのだ
大事にしてくれた二人にさえ私が話しをすることは少なかった
大人しい子だと思ってくれた人もいるように思える
自閉症ではとの疑いの目を向ける人も多くいたことも確かだ
室内に籠ることが多い私に手先の器用な義母は本を与えるだけではなく手仕事をも教えてくれた
それは私にとって大きな喜びとなっていった
絹糸の手毬・・・・・・
綿を巻いて土台を作る
土台を真ん丸にすることがポイントになる
刺繍をするかのように土台に絹糸を巻いていく
色調の調和とデザインの考慮
一個作る度にそれぞれの個性が異なる
私が一人で住む家・・・
その二階にある私の部屋には大小様々な手毬が置いてある
私はその中でも一番のお気に入りである手毬を今二階から投げた
今日は8月2日・・・・・
勇気君の誕生日だ
私の投げた手毬を彼は拾っている
そして私の居る二階の窓を見あげている
私はカーテンに隠れるように彼のその姿を見ていた
勇気君は私を覚えているだろうか・・・・
「8月2日誕生日おめでとう 勇気様 あやめより」
栞に書いた私の貴方への言葉
貴方が手毬を手にしてそれを読んでいる姿を俯瞰した時・・・・
私の心の高鳴りは永遠に静まることはないかのように感じた


コメント(-)

手毬   第三章

2018.06.23


長い間の回答の出ない自分への疑問
それが束の間ではあるけれど解けるかのように思えた
例の家屋の二階の窓に寄り添うが如くにある緑
それが微風で揺れたように感じる
定かではないが人の姿を見たように思える
僕は二階の窓から視線を外すことが出来なかった
小さな丸い球体が宙を綺麗な円形を描いて飛んだ
球体は道にと転がり僕の足元にある
二階の窓を見あげても誰の姿も見定めることは出来ない
腰を折り球体を拾いあげた瞬間
ひらり・・・と長方形の紙が舞った
僕は何かに導かれるがごとくにその紙の行方にダッシュした
道端の名も知れぬ草の上に落ちたその短冊型の紙
その紙が栞であることを認識した以上に驚いたことは・・・・
栞に書かれた美しい文字
「8月2日誕生日おめでとう 勇気様 あやめより」


コメント(-)

手毬  第二章

2018.06.21


自然は規則正しく到来する
それは時として残酷な程だ
夏の終焉を告げるかのような蝉の鳴き声が聞こえる
角田忠信氏著作である続・日本人の脳
私は何回読んだことだろう
私達日本人は虫の鳴き声を音楽的に捉えることが出来る
松尾芭蕉の奥の細道に収録されている
閑さや岩にしみ入る蝉の声・・・・
それゆえ・・・・ 
後世にもおいても色褪せることのない名句が誕生したのであろう
西洋人は虫の鳴き声は雑音に聞こえる・・・とのことである
異論もあるが角田忠信先生が長年かけて研究し自信を持ち世界に発表した意義は多大に思える
私の周りの自然はあまりにも小さな世界だ
聞くことが出来る虫の鳴き声も限られている
本に書かれた様々な虫の鳴き声を想像するのはとても楽しい
二階の窓を超すかのように伸びた樹木は私が誕生する以前よりこの家の住人である
手入のされていない樹木は自在に自分を誇示しているかのようだ
私は自分の部屋から片手を伸ばせば届くその大樹の枝に手をかけている
弱い力を精一杯出して枝を払い自宅の前に存在する4メートル程の道幅を俯瞰している
必ず姿を現すだろうと信じて自分と同じ程の年齢の男子高校生を待っているのだ



コメント(-)

手毬  第一章

2018.06.20


塗装の剥がれた羽目板の外壁
一階の窓は板戸で閉められている時が多い
一見廃墟のごとくに見える家屋
それでも生活の匂いはする
二階の窓は開かれている
庭の樹木はその窓まで届きそうだ
夏の夕べ僕は学校帰りその家の前を歩いている
授業はないが部活はある
バスケ部の試合は初秋に迫っている
何故僕はこの家に興味を抱くのだろう
一年程抱き続けた回答の出ない自分への疑問
庭の大樹に登ってみたいと思う
寂れた児童公園を基地にして自慢気だった日々
あの頃へのノスタルジーだろうか

****************************

撮影は困難です

数年前に見た一見廃墟かのごとくの家屋

それを思い出して短編小説にしてみました

継続は何時になる分かりませんが・・・興味のある方はお読み下されば幸いです


りら

コメント(-)

お知らせ

2018.06.05


体調が悪い為数日間ブログをお休みします

ご訪問ありがとうございます

またお会いしましょう


コメント(-)

私の小さな世界    ハッピーエンド

2018.06.04


夢見る頃を過ぎても

物語のハーピーエンドを信じたい


自宅18


2018/06/03   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界   Greeting from the breakfast

2018.06.03


Greeting from the breakfast


自宅16


2018/05/31   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界    プーさん  

2018.06.02


羽生結弦選手   国民栄誉賞正式決定 おめでとう

嬉し泣きです

これからも仲良しでいてね


自宅15


2018/06/01   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界   ドレスタオル

2018.06.01


人形の洋服・・・ワンちゃんドレス・・・ベビー服・・・違うのよ・・・・

可愛いハンドタオル・・・通称・・・ドレスタオル


自宅14


2018/05/30  撮影自宅

コメント(-)

私の小さな世界   Best friends

2018.05.31


Strawberries and apples

Best friends


自宅17


2018/05/29    撮影自宅

コメント(-)

私の小さな世界   アルバム

2018.05.30


左には花関係右には新緑関連

考え抜かれたレイアウト

アルバムだけにある私の写真


自宅12j


2018/05/29   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界   蓮華の絵

2018.05.29


趣味の一つは絵画鑑賞

無名の画家が描いた蓮華

私にとっては世界一の絵画


自宅11


2018/05/28   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界   インテリア照明

2018.05.28


幼い頃からインテリアが大好き

ガラス・陶器・鏡 何故か壊れやすい物が好き

ブランドのバッグやアクセサリーには興味が持てない

葡萄柄のインテリア照明がお気に入り


自宅10


2018/05/27   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界   パイプオルガン

2018.05.27


貴女の耳にも響いていますよね

バロック音楽の父

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの名曲

パイプオルガンが奏でる旋律

トッカータとフーガニ短調


自宅9


2018/05/25   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界  大きな宇宙

2018.05.26


楽しいムーミン一家

スナフキンもミイもミムラもいるよ

小さな世界の大きな宇宙


自宅8

2018/05/23   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界  桜花

2018.05.25


日本人の琴線に触れる花

私にとっても桜花は特別な花

自宅には桜写真が多く飾ってある

入院中桜花を守っていてくれた君

今日は桜と君のコラボレーション

満足ですか・・・・・


自宅7

2018/05/23   撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界  アールグレイ

2018.05.24


東からの光

早朝それだけで幸せ

柑橘系の香りアールグレイ

ティーカップはもう夏色だね

珈琲は苦手

コーヒーミルはテーブルディスプレー


自宅6

2018/05/22  撮影自宅



コメント(-)

私の小さな世界    愛犬

2018.05.23


ザギトワさんの愛犬は秋田犬

私の愛犬は犬種不明

愛犬でも私を守ってはくれない

弱虫で自分がお守りに頼っている


自宅5


2018/05/22  撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界  アリーナ

2018.05.22


私だけのアリーナ

back number・・・・

私だけのスペース

back number "All Our Yesterdays Tour 2017

さいたまスーパーアリーナ収録版

ぼくは明日 昨日のきみとデートする・・・・ハッピーエンド

8年越しの花嫁 奇跡の実話・・・瞬き

映画鑑賞時から・・・・back number・・・・群馬に好感


自宅4


2018/05/20  撮影自宅



コメント(-)

私の小さな世界  舞踏会

2018.05.21


お城の舞踏会

憧れていた幼い日々

永遠に夢だと知ったのは

何時だったのだろう


自宅3


2018/05/20  撮影自宅


コメント(-)

私の小さな世界  クリスタル

2018.05.20


クリスタルの寒色

冷たい肌触り

輝き反射する

蘭を周りに置こうね

クリスタルに香りを添えよう


自宅2


2018/05/20  撮影自宅  蘭は100円ショップ販売品


コメント(-)

私の小さな世界  皐月

2018.05.19


寝室から見える

私の小さな世界

皐月が開花している

望遠レンズが重たいね


自宅1


2018/05/19  撮影自宅

コメント(-)

ディスプレー   タッセル

2018.05.18


手製のタッセル

優雅なアンティーク

イギリス貴族の館

階段の踊り場の窓

カーテンに飾られていたのでしょうか・・・・


2018夏6


過去写真より・・・横浜山手


コメント(-)

ディスプレー   デザートスプーン

2018.05.17


デザートスプーンの中

五月の緑を閉じ込めた

私の瞳の中

五月の風を閉じ込めた

私の心を閉じ込めたのは誰だったのでしょう


2018夏5


過去写真より・・・横浜山手


コメント(-)

ディスプレー   チェックメイト

2018.05.16


甘い誘惑

繊細で大胆

上品で際どい

先行きは明らか

チェックメイトは君の足

2018夏4


過去写真より・・・横浜山手

コメント(-)

ディスプレー   枯れない花

2018.05.14


君のイメージだよ

白い花の写真

プレゼントしてくれたね

フォトフレームの中

永遠に枯れない

貴方の愛は枯れてしまったのですか・・・・


2018夏3


過去写真より・・・横浜山手


コメント(-)

只今が言いたくて No2

2018.05.13


今日手術後初めてバスタブに入ることが出来た

正確にはバスタブから出ることが出来た

退院日前日 看護師さんからバスタブに入る講習を受けた

その時は入ることは出来ても出ることが出来なかった

今日はシャワーだけでは寒い 考えた末に挑戦した

お風呂用の椅子をバスタブに置いて足湯から・・・・

それから決意して椅子をバスタブから出して身体を沈める

出ることが出来なかった時の為に携帯を棚に置き・・・・・

出来たよ 出来たよ 両手でバスタブの両端を必死で掴み バスタブの一部に腰を置き身体を起こすことが出来た

バスタブに入ることが出来る それだけで最高に幸せ・・・・

担当医の先生が退院時 私に言った言葉・・・

生まれ変わったんだからね・・・日常の生活その全てがリハビリだからね・・・・

私はまだまだ出来ないことが多いけど 出来ることが増えていく予感がする・・・


2018夏2


過去写真より・・・撮影地忘れました


コメント(-)

只今が言いたくて No1

2018.05.12


2018/05/12

4週間ぶりに病院から帰宅しました

病名は心房中隔欠損

簡単に言えば心臓の一部に穴が開く病気です

子供の時にも手術をしています

今回で二度目になります

手術は成功しましたが暫くは自宅静養となります

医療保険による訪問看護また民間企業による家事代行サービスを活用します

やっとパソコンの前に座ることが出来ました

まだ傷口はかなり痛み腫れも辛いものがありますが・・・

心配して下っているブロ友さんに只今が言いたくてアップしました

有難う 感謝で一杯です


2018夏1


過去写真より・・・撮影地忘れました


コメント(-)

2018年春の日々  No27

2018.04.24


写真撮りたい 写真撮りたい 写真撮りたい


2018春26


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No26

2018.04.23


私は今頃はどうしているのだろう まだ点滴かな まだ車椅子かな


2018春25


私の春の思い出・・・過去写真より・・・権現堂堤


コメント(-)

2018年春の日々  No25

2018.04.22


忘れていてごめん・・・ 菜の花を主役に撮っていたんだね・・・背景の白い花も可愛いね 


2018春24


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤


コメント(-)

2018年春の日々  No24

2018.04.21


今春は撮れなかったね 来春は撮れるといいね 染井吉野


2018春23


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No23

2018.04.20


輪廻転生あるならば 桜に生まれ変わりたい


2018春22


私の思い出の春・・・過去写真より・・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No22

2018.04.19


ホトケノザに接写している 星の瞳を背景暈けにしている・・・・姿勢辛かったね・・・当時の自分に言ってあげたい


2018春21


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No21

2018.04.18


今日は18日 手術は成功したのだろうか

私は麻酔から目を覚ましたのだろか


2018春20


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤



コメント(-)

2018年春の日々  No20

2018.04.17


今日は17日手術日


2018春19


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No19

2018.04.16


今日は16日入院3日目


2018春18


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No18

2018.04.15


今日15日入院二日目


2018春17


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤


コメント(-)

2018年春の日々  No17

2018.04.14


今日14日入院


2018春18


思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No16

2018.04.13


明日14日午前中入院です

皆様のお写真拝見してコメントさせて頂くのも一旦今日で最後です

皆様の励ましは決して忘れることはありません

本当にありがとう

時間の許す限り予約投稿しておきますね

2018春16


私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤


コメント(-)

2018年春の日々  No15

2018.04.12


私が著作した「杏」の中の一節

☆堤が一本の道になって長く続いていて その両側に桜が咲いているのだ 桜のトンネルの中を二人は歩いている☆


2018春15

私の思い出の春・・・過去写真より・・・権現堂堤


コメント(-)

2018年春の日々  No14

2018.04.11


私はかつて 短編小説をネットで発表したことがある

その中権現堂堤のシーンがある

☆二人の視線の先には広大な黄色の菜の花畑 遠くに見える白い美しい吊橋 その下の川のせせらぎまで聞こえそうだ☆


2018春14

私の春の思い出・・・過去写真より・・・権現堂堤

コメント(-)

2018年春の日々  No13

2018.04.10


桜でしょうか・・・

若葉色と白に魅了されて・・・・・ラッキー・・・結婚式の前撮りらしい

プロカメラマンたちを花で隠そうとして自分が移動・・・・この一枚だけ撮れた・・・私には大事な思い出

2018年春の日々 新宿御苑編は今日でエンドです

明日から異なる過去の春ご紹介したく思っています


2018春5


私の思い出の春・・・・過去写真より・・・新宿御苑


コメント(-)

2018年春の日々  No12

2018.04.09


記憶に間違いがなければ台湾閣からの俯瞰撮影

私はこの頃から既に映り込みが好きだったんだ

御苑で借りた車椅子にカメラバッグ置いて車椅子押しての撮影

疲労したら車椅子に座れる・車椅子に座ればブレないで撮影出来る 姿勢も無理しないですむ

記憶が曖昧な新宿御苑撮影

台湾閣へ上がる道が悪く車椅子を押すのが辛かったのはよく覚えている

頑張ったね 当時の自分を褒めてあげたい


2018春13


私の思い出の春・・・過去写真より・・・新宿御苑

コメント(-)

2018年春の日々  No11

2018.04.08


撮影時 私は望遠レンズを使用していなかった

ドコモタワーはまるで御苑の中にあるかのようだ  トリミングはしていない

撮影地を求めて歩き続けたのだろうか・・・


2018春11


私の思い出の春・・・過去写真より・・・新宿御苑


追伸

2018年春の日々  No5 写真差し替えました


コメント(-)

2018年春の日々  No10

2018.04.07


幾何学模様プラタナス並木

ベンチで本を読む人

幹で顔は隠れてはいたが女性であることはすぐ理解出来た

題名には新宿御苑とは記載されていない

その写真に憧れて探して見つけた同じ撮影地

カーディガンを肩にかけた女性はいるはずもないよね


2018春10


私の思い出の春・・・過去写真より・・・新宿御苑


コメント(-)

2018年春の日々  No9

2018.04.06


入院まで一瞬間程になった

恐い気持ちと早く入院したい気持ち

相反する心

精神が安定している時と不安定な時

眠れない日々と寝すぎる日々とが交互にやってくる


2018春9


私の思い出の春・・・過去写真より・・・新宿御苑

コメント(-)

2018年春の日々  No8

2018.04.05


西新宿の高層ビル群が望める

繭のような外観が個性的で一際目を惹く

モード学園コクーンタワー

私はこの建物が好きでどれだけ粘って撮影しただろうか

他にも思い出深い建物が見える

また何時か撮影出来るだろうか


2018春8


私の思い出の春・・・過去写真より・・・新宿御苑


コメント(-)

2018年春の日々  No7

2018.04.04


私は現在写真撮影出来る状態ではありません

それは悲しいことではありますが・・・・

皆さんのお写真を拝見する喜びはまだ許されているのです

手術日を待ち自宅静養中・・・・

春の喜びに溢れたお写真が多く心が晴れやかになれます

有難う 感謝しています


2018春7


私の思い出の春・・・過去写真より・・・新宿御苑

コメント(-)

2018年春の日々  No6

2018.04.03


新宿御苑・新宿門近く・一時間粘って撮れた一枚

今年もしなやかな枝に春の雪を咲かせたのでしょうね

懐かしい御苑の雪の花


2018春6


私の思い出の春・・・過去写真より・・・新宿御苑


コメント(-)
ホームへ 次ページ>>
プロフィール

りら

Author:りら

写真は初恋と同じだね
撮る度ごとに心煌めく

月別カテゴリ
2018/07 (1)
2018/06 (8)
2018/05 (19)
2018/04 (24)
2018/03 (19)
2018/02 (19)
2018/01 (19)
2017/12 (16)
2017/11 (23)
2017/10 (27)
2017/09 (19)
2017/08 (29)
2017/07 (28)
2017/06 (28)
2017/05 (6)
2017/03 (18)
2017/02 (22)
2017/01 (20)
2016/12 (29)
2016/11 (27)
2016/10 (19)
2016/09 (29)
2016/08 (28)
2016/07 (28)
2016/06 (26)
2016/05 (29)
2016/04 (30)
2016/03 (30)
2016/02 (7)
2015/08 (26)
2015/07 (24)
2015/06 (30)
2015/05 (25)
2015/04 (25)
2015/03 (27)
2015/02 (12)
管理者ページ