雨にも負けず夏の寒さにも負けず    陶路子で頂きま~~す

2017.08.23



川越12


川越13


陶舗やまわの一角にあるお食事処陶路子

ランチはさつまいもミニ懐石

実はさつまいも大好きなのね

濡れた身体も寒さも忘れ・・・・・

頂きま~~す

椅子の背後に上品なお皿がディスプレーされていた

有名作家の作品なのでしょうね

高価そう・・・・壊さないように用心しながら・・・・さつまいもミニ懐石ランチ・・・・お腹も心も大満足なりです


コメント(-)

雨にも負けず夏の寒さにも負けず   陶芸作家の作品たち

2017.08.22



川越8


川越9


陶舗やまわ

陶磁器やガラス器

趣が全く違う陶芸作家の作品が販売されている

作家リスト

島田 敦夫(陶芸教室講師)
入野 文子(陶芸教室講師)
阿部 厚子(ふじま工房 あ)
安斎 加代子(久我山工房)
石川 覚子(ヒロロ工房)
いわさわひろみ
岡島 伸次(悠遊窯)
奥住 静江
小達 裕美
金田 晃(しもつけ窯)
櫻井 理人(陶房回青)
鈴木 秀孝(悠々陶房)
田中 房市
野口 健一(武州吉見窯)
野口 稔(武州吉見窯)
前村 幸孝(陶房ぬくも)
宮代 房子(陶遊房)
福井 敏治(悠楽窯)

陶舗やまわホームぺージより

コメント(-)

雨にも負けず夏の寒さにも負けず    NHK朝ドラ「つばさ」

2017.08.21



川越10


川越11


平成21年上半期のNHK朝の連続テレビ小説「つばさ」の舞台は川越

陶舗やまわ外観がヒロインつばさの生家「甘玉堂」として使用されている

店内ご覧の通り小江戸川越ならではの趣がありますよね

やはり小江戸一の美人さん

行くところ外れなしですね

コメント(-)

雨にも負けず夏の寒さにも負けず    私の感は・・・・的中

2017.08.20



川越6


川越7


蔵の街一番ではと思わせる後ろ姿追わせて頂き私も入店してしまった

私の感は・・・・・・的中

一番街の通りに面した黒塗りの壁の店蔵の中

☆☆☆ 陶舗やまわ ☆☆☆

コメント(-)

雨にも負けず夏の寒さにも負けず    川越一の多分・・・美人さん

2017.08.19



川越5


向日葵柄の浴衣

金魚柄の帯

髪型髪飾り

浴衣の着付け・帯の結ぶ方

傘を持つ左手まで洗練されている

美人に間違いない

追わせて頂きましたよ

川越一の多分・・・・・美人さん

自分の感を信じてね・・・・・


コメント(-)

雨にも負けず夏の寒さにも負けず    ハッシュタグ付けてインスタですよね

2017.08.18



川越3


川越4


かつおぶし中市本店・店頭販売

手作り・ねこまんま焼きおにぎり

30分待ち以上は当たり前

行列はグルメ好きな若い女性の今や特権化

雨の中行列して待った甲斐があったようです

食べながらスマホ操作

#川越 #ねこまんま焼きおにぎり

ハッシュタグ付けてインスタですよね

川越なう・・・もう古いそうな・・・・・

雨宿りに借りている軒先 他店舗 それは秘密事項・・・・・

コメント(-)

雨にも負けず夏の寒さにも負けず   とびっきりの笑顔頂きです

2017.08.17



川越1


川越2


雨にも負けず夏の寒さにも負けず行って来ました 

川越蔵の街撮影

顔自体が既に美味しい・・・・ですよね

とびっきりの笑顔頂きです

コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017   次回こそ素敵な撮影と美味しい食事頑張ろう

2017.08.16



金魚4


目にフォーカス出来た貴重な一枚

尾ひれは切れたけど・・・・

奇跡的・・・・・・

日時指定チケット代金3000円

昼食代金約4000円 夕食代金約4000円 

タクシー代金東京駅から現地まで往復・自宅最寄り駅から帰宅・合計約4000円

全合計約15000円

「電車代金はスイカのため計算していない」

撮影日使用金銭約15000円・何とかアップ出来たのは10枚のみ 他は1500枚以上ゴミ箱行き

唖然茫然で当然よね

後悔しないよ・・・・行ったことに意義がある・・・見たことに喜びがある・・・撮ったことに価値がある

それにしても日本橋の食事・・・・期待外れの味・・・・撮影地の食事も撮影時の楽しみの一つ・・・・

次回こそ素敵な撮影と美味しい食事・・・・頑張ろう・・・・・

コメント(-)

お知らせ 

2017.08.15


今日は都合によりブログお休みします

ご訪問頂いた方有難う御座います

また明日お会いしましょう


帽子


りら

コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017    この現実が唖然茫然の一番

2017.08.14



金魚9


幾度となく撮った今日アップの定番写真

それを最後に疲れ果て会場を後にして・・・・・・

遅い夕食・・・・・待ち時間が長い・・・・・日本橋の夜は銀座なみ

やっと帰宅してお風呂に入り・・・・・深夜1時・・・・・

そのまま寝る予定・・・・・

やっぱり気になる写真・・・・・

SDカードをパソコンに取り込む・・・・

1500枚以上の撮影写真の殆どが・・・・・・語らずとも皆さんお分かりでしょう・・・・

この現実が唖然茫然の一番なりです

コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017   7時間粘った甲斐がありました

2017.08.13



金魚5


7時間粘った甲斐がありました

私の当初のイメージとは程遠いけれど・・・

それに少しは近い写真を撮ることが出来ました

自分で自分に花丸あげましょう

今日は唖然茫然はなしなりです



コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017     まさかの7時間連続撮影

2017.08.12


金魚10


会場コンセプト・龍宮城

玉手箱をモチーフにした新作・タマテリウム

最後に見た作品

中を泳ぐ金魚・撮れるはずもなく諦めモード

玉手箱のイメージを出したくて・・・・悪戦苦闘

この日会場入り午後3時・退場午後10時

当初は2時間程で終了予定・・・・・

退場して初めて携帯で時間を確認・・・

まさかの7時間連続撮影・・・・・・

その撮影の長さに唖然茫然・・・・・

予想より狭い会場・・・・すさまじい混雑の中 

これだけの長時間撮影は初めてなりです

コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017   感謝の気持で一杯です

2017.08.11



金魚1


金魚の写真、いい被写体を見つけましたね。鮮やかな色彩が素晴らしい。
余計な事ではありますがピントの件。

・AFは解除してMFにし、水槽の底の敷石など動かないものにピントを固定しましょう。
 金魚は前後に動きますがピントが合う範囲(被写界深度)には収まるはずです。
・それより動きが早いものですから被写体ブレの方が悩ましいですね。光量を考えればこれは防げないと思います。
 むしろブレを生かした方が幽玄な雰囲気でいいかもしれませんよ。固定観念に捉われないところに印象的な表現は生まれます。
 案外ボツ写真にいいものがあるかもしれませんよ
なおMF=マニュアルフォーカス。カメラ任せにせず、自分でピント位置を決める撮り方です。
りらさんのカメラでもOKだと思いますが、それぞれやり方が異なるので説明書をよく読んで試してみて下さい。


上記はブロ友さんのお一人が・・・・・

私のコメントへの返事に書いて下さった文面です

皆様のお心有難いです

もう懲りていた 動く被写体

何時かまた挑戦したいと思い始めています

毎日私の拙い写真 ご覧下さっている皆様

本当にありがとう

感謝の気持で一杯です



コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017    この日最高の唖然茫然

2017.08.10



金魚8


巨大な水槽ではなく人ごみの凄さを見てね

この人ごみの中何故か何回か遭遇したカップルさん

外国人の男性と日本人の女性

撮影後・私が乗った下りエスカレターの数段下にいる

男性が一段下に乗り上に乗る女性と抱き合ってキスしている

つまりね 男性は下りエスカレーターを後ろ向きになって乗っているわけね

ちょっと・ちょっとね

彼が少しでもバランスを崩したら彼女も将棋倒れ

背後にいる私まで巻き込まれるでしょう・・・・

ハラハラドキドキ・・・・

エスカレーターの下り最後になると彼がポンと降りて無事・・・・

都心は外国の男性と日本の女性のカップルが多いけどね

エスカレーターでこれほど危険なキスしているのはね

貴方達だけよ・・・・

この日 最高に唖然茫然・・・

最後にアップするのは悔しいので途中で書いておきますね

まだ続きがあるの?

誰かの声は無視なり

コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017   蜷川実花の極彩色の世界観が理想だったはず

2017.08.09



金魚7


蜷川実花の極彩色の世界観が理想だったはず

水槽へのライトアップ・・・・・

私の理想とは異なり派手なだけ・・・・

それにしても水槽の中・自由に泳ぎ回る君

少しは休憩タイム取りなさいよね

私の方を向いて・向いて・背中を向けないのよ・・・

心の中で叫ぶ私・・・・・・

君がここまでせわしいとはね

疲れ果てたよ・・・・

君の家の水槽の前で唖然茫然


コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017    1500枚程撮影

2017.08.08



金魚3


アートアクアリウム2017・・・・
日本橋まで撮影に行きました
金魚が動きまわりフォーカス出来ません
金魚が撮影出来ない私にとって飛行機が撮影出来ること自体尊敬に値します


水族館の魚や金魚の撮影は難しいです。
まず第一に暗い。
これでAF性能が半減します。
第二に水槽内にいる(当たり前)
そのせいでカメラが水槽のガラスにピントを合わすのか?
中の金魚に合わすのか?
はたまた水の波紋に合わすのか?
完全に迷ってくれます。
それに比べて飛行機なんか簡単ですよ
飛んでくる方向やスピードはある程度読めるし(いきなりバックすることはない)
明るいのでカメラ任せで撮影できます。


ブロ友さんのお一人・飛行機写真への私のコメントとお相手のリコメ

このリコメがなければ一枚もアップする勇気出なかったでしょね

1500枚程撮影・・・・ゴミ箱行きの写真の整理に疲れきり唖然茫然の日々

コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017   理想と現実のはざま

2017.08.07



金魚6


入場時間制限あり・退場時間制限なし

撮影日は午後3時入場のチケットやっとget

当初の予定では午後5時には退場

金魚の水槽に接近するだけで艱難辛苦

やつと水槽の前に辿り着けた・・・・・

何何何・・・・・・・・・

赤・青・黄色・水槽へのライトアップがすさまじい

金魚の泳ぎの速さに金魚の目にフォーカス出来ない

悔しい・悲しい・情けない

幻想的な金魚の世界を表現したかったはず

理想と現実のはざま・・・・・

水槽の前で座り込み唖然茫然・・・・・

コメント(-)

お知らせ

2017.08.06



今日は友達とバレエを観賞してきます

ブログはお休みします

ご訪問頂いた方有難う御座います

また明日お会いしましょう


お知らせ


りら


コメント(-)

日本橋アートアクアリウム展2017    会場入った途端唖然茫然

2017.08.05


金魚2


日本橋 アートアクアリウム展 2017

コンセプト・龍宮城

テーマ・江戸・金魚の涼

混雑の凄さが半端じゃないらしい

当日券・1000円

日時指定券・3000円

事前にセブンイレブンで日時指定券購入

気合いを入れて行きました・・・・が・・・

会場入った途端・唖然茫然・・・

足の踏み場がない・・・と言うのはこの為にある言葉みたい

コメント(-)

Lotus     貴女の奮闘ぶりを逐一追わせて頂きました

2017.08.04



蓮8


彼の身体でもなく自分の身体でもなく

傘の下彼の大事な愛機

雨に濡れないように守っていますね

貴女の奮闘ぶりを逐一追わせて頂きました

愛する人が宝物にしている写真

貴女もそれを大事にしていますね

二人の愛は永遠に続くと確信出来ます

素晴らしいシーン撮影させて頂きました

ありがとう・・・・・

コメント(-)

Lotus     お姉さん 私も明日咲くからね

2017.08.03



蓮6


お姉さん 私も明日咲くからね

花弁散らさないで待っていてね

綺麗なお姉さんは私の憧れだよ

可愛い声が聞こえてくるようです

コメント(-)

Lotus      恋愛天気予報は晴れマーク

2017.08.02



蓮9


恋愛天気予報は晴れマーク

相反した小雨が降りだした彼の撮影日

心配げな貴女の顔

彼の写真への想い

貴女の想いでもあるのですよね

コメント(-)

Lotus     目覚まし時計は朝陽ですか・・・・

2017.08.01



蓮7


早朝に咲く貴方たち

全て同じ時刻に起きるのではないのですね

朝寝坊した右手の貴女

目覚まし時計は朝陽ですか・・・・・

コメント(-)

お知らせ

2017.07.31


今日は心臓外科の定期健診で一日中病院です

ブログはお休みします

ご訪問頂いた方有難う御座います

また明日お会いしましょう

お知らせ


りら

コメント(-)

お知らせ

2017.07.30


今日は都合によりブログお休みします

ご訪問頂いた方有難う御座います


お知らせ


りら

コメント(-)
ホームへ 次ページ>>
プロフィール

りら

Author:りら

写真は初恋と同じだね
撮る度ごとに心煌めく

月別カテゴリ
2017/08 (23)
2017/07 (28)
2017/06 (28)
2017/05 (6)
2017/03 (18)
2017/02 (22)
2017/01 (20)
2016/12 (29)
2016/11 (27)
2016/10 (19)
2016/09 (29)
2016/08 (28)
2016/07 (28)
2016/06 (26)
2016/05 (29)
2016/04 (30)
2016/03 (30)
2016/02 (7)
2015/08 (26)
2015/07 (24)
2015/06 (30)
2015/05 (25)
2015/04 (25)
2015/03 (27)
2015/02 (12)
管理者ページ